fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

40代転職者数の増加をどう見るか

転職者数が増加している、という

記事が目に止まりました。

その中で

「45~54歳の転職者数は50万人と、

統計を遡れる02年以降では最多を記録した。」

とあります。

増加速度が上がっている、とのこと。

記事では即戦力、管理職のニーズが高まっている

と解析していました。

でも本当でしょうか?

実は大手企業の中には、50代の転職を意図的に

すすめている会社もあります。

いわゆるリストラと呼ばれる内容です。

転職しやすい、職がある時期にあえてリストラを

すすめているのです。

そうやって会社を移った方の話しを直接聞く機会が

去年から増えているのは事実です。

現実は単面的ではなく、多面的です。

このデータから

「転職35歳の壁は過去のもの」

と結論づけた記事になっていましたが、現実は

違うでしょう。

あくまでもプロスポーツと同じで

「成績を出せる人はどこでも通用する」

ということだけです。

転職することによって実力が上がることはありません。

残念ながら・・・。

 

 

【出典】

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。