スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

勝った、と思った瞬間が最も危ない

油断大敵という言葉がありますが

実際には

「勝った」

と思った時が一番危ない、ということです。

勝負の世界、たとえば将棋のプロ棋士でも

勝ったと思った瞬間からミスを連発し

負けてしまうことがあるそうです。

ビジネスも同じ。

やればやっただけうまくいく、売上が増える

という時に「なんでもうまくいく」自分に

酔ってしまうのです。

そのため、戦略のミスを連発したり、ミスジャッジを

繰り返したりしていくのです。

予算に余裕ができるほど、必要ないものを

購入してしまい、2年後に後悔する、という

現象です。

今後、このような事例が増えると予想して

います。

それほど、経営は繊細なものだと思います。