fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

月に1回ぐらいが理想?

理想の(社内)飲み会頻度は月1回、という

アンケート結果が出ています。

新入社員を対象にしたアンケート。

今年の9月に400人にネットで

行った結果です。

現状、上司との飲み会がゼロの

人が4割。

月1回が1/3程度。

理想の飲み会回数は

・月1回が40.3%

・ゼロが38.5%

となっております。

ゼロ回でもいい、という人と

月1回程度は飲みに行きたいという

人の割合はほとんど変わらないので

2分されているととらえていいのでは

ないでしょうか。

月1回が理想と答えている人も

飲み会ゼロだと寂しいので、

というのが理由かもしれません。

飲み会はコミュニケーションのひとつですが

飲み会の内容も大切だと感じます。

単に上司の昔話や手柄話を何度も聞かされる

ぐらいなら行かない方がいい、と考えて

しまいます。

お互い知らない部分があるから価値観の

共有を深めていくには良い機会だと

感じます。

両刃の剣なので職場での飲み会は

優先して気を使いたいところです。

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2421723004122017CR0000/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/