fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

例外なく実践することを目標とする

年末年始に目標を立てる人もいると思います。
目標は立てることも大切ですが
実行することの方がさらに重要なポイントです。

目標を立てても達成しないことがあるのは
続かないからです。

続かない理由はそれぞれありますが
総じて
「突発性のことが発生した」
「予想外のことが起こった」
「急に忙しくなった」
というプロセスをたどることがあります。

振り返れば同じパターンを歩んだり
同じような場所で止まっているのです。

これを越えていく時に目標が達成されるだけです。

やると決めた目標は
「例外なく実践する」
ことが真の目標となると感じます。

目標の内容より例外なく実践することが
優先されるべきなのです。

これは個人も経営においても同じことで
原則と呼ばれるものです。

年末の今日、出張帰りの飛行機搭乗前に
書いていますが、私の振り返りも込めて
記しています。

達成したこと、できたこともあるのですが
できなかったこともあるという事実を
直視する時間だと感じます。

 

 

 

 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。