fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

顔を出す、出さない

【fjコンサルタンツ365日Blog:3350投稿目】

ビジネスとは商品、サービスを提供する

ことですが、その際に

・会社

・担当者

・設計者

の顔を出すことが増えてきました。

 

会社であれば、

・会社代表者

・会社役員

になり、サービスであれば

・サービス担当者

を出すことになります。

 

商品であれば

・商品設計担当(企画担当)

を出している企業も増えています。

 

顔を出すことによって何が変わるのでしょうか。

 

顔を出すことによって、顧客側が商品サービスを

選択する時の安心材料になるのです。

 

経営的にいえば、顔を出すことで業績がアップ

します。

商品サービスの売れ行きも変わるのです。

 

振り返れば、まわりの企業で顔を出す、出さない

で比較すると業績の優劣がついていることに

気が付きます。

 

ということは、これからの経営において顔を出すことは

優先順位が高い項目なのです。

 

顔を出すことに抵抗のある人が多いので、逆に

顔を出せる人が強みを活かすことができるということ。

 

特にWebでは顔を出していくことを優先すべきですね。

 

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27194070R20C18A2000000/?n_cid=NMAIL006

 

 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/