fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

会社の魅せ方

【fjコンサルタンツ365日Blog:3457投稿目】

新卒採用とは

新卒採用の時期が来ています。

新卒採用という方式があるのは

日本だけです。

通常、海外では大学や高校を出ても正社員で

採用されることはありません。

アルバイトをしながら、もしくは臨時採用で

仕事を覚えていくしかないのです。

日本の新卒採用は真逆です。

新卒で正社員入社でき、そこから教育期間

設けられています。

教育の期間と教育システムを問われている

最近は売り手市場なので

「教育期間はどれくらいありますか」

「教育のシステムは整っていますか」

といった質問が学生側から投げかけられる

ようになっています。

ほかにも

「有給休暇はどの程度取れますか」

などのような待遇面も詳細に質問してくる

のが特徴です。

これを頭ごなしに否定することは採用の

ミスにつながります。

興味があるから質問してくる

処遇、待遇面を詳細に質問してくるのは

興味があるからなのです。

本気で検討したいから詳細まで質問して

くるのです。

となると、会社側は自社の魅力をどのように

表現していけばいいのでしょうか。

採用は学生に対するセールスと同じです。

魅力を理解しやすく伝えるプロセスなのです。

自己開示の方向で

処遇、待遇面だけでなく、実際の社風も

開示していくことです。

「なんでも開示しますよ」

というスタンスがかえって好印象につながります。

マイナス面を隠す必要はありません。

ウェブや求人票に掲載するときも

本当のことをさりげなく表現した方が

かえって目立つというものです。

会社の透明性が求められている

先輩や上司が厳しいのであれば、それを

隠す必要はありません。

仕事を覚えさせるために厳しい上司がいる

というのも本気で仕事を覚えたい学生に

とってはメリットになるからです。

あくまでも仕事面についてきちんと

伝えることです。

仕事以外のことばかり表現する会社もありますが

それだけではかえって不信が出ます。

仕事の時間における不安を払拭してあげる

ことなのです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/