fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

やってもいいですけど

【fjコンサルタンツ365日Blog:3492投稿目】

リーダー

組織はリーダーが決める

組織はトップで決まると言われますが

現場を動かしていくのはリーダーになります。

 

リーダーも組織を決定づける不可欠な

存在となります。

 

組織を決定づけるリーダーを誰にするかは

基準があるはずなのですが、それは

会社によって様々だと感じます。

 

どのように決めていけば組織にとって

良いリーダーを選ぶことができるのでしょうか。

 

まわりの評価で決めるパターン

自然な形でリーダーを選ぶパターンは

「まわりの評価」

で決めることです。

 

「この人なら」「この人をリーダーに」

という声によって判断していく形です。

 

このパターンによって決まるリーダーは

すんなりと受け入れられるため結果も

出るのが普通です。

 

この形でリーダーが決まることは少ないですが

こうしたプロセスで自然にリーダーが決まることが

理想です。

 

若手抜擢のパターン

ベテラングループの中からリーダーに適任の

人がいない場合があります。

 

そんな場合は年功序列によってベテラン

グループからリーダー就任を打診することがあります。

そうすると

「やってもいいですけど」

という返答をする人が複数います。

 

このように「やってもいいですけど」と

返答する人にリーダーのチャンスはあまりありません。

 

なぜなら、リーダーになることに対して

「かけひき」

をしているからです。

 

リーダーになることをお願いされるなら

「こんな主張が言うことができる」

「たまには言い訳ができる」

といったことを暗に考えているのです。

このような形でリーダーを決めると

現状維持

減少傾向

になることが予想できてしまいます。

 

リーダー候補がベテラングループに不在の

時は思い切って

「若手抜擢」

に踏み切ることがあります。

 

これは、いきなり行うと社内に衝撃が走る

ことがあるので時間をかけて少しずつ

準備をしていきます。

 

まわりが納得するプロセスが求められるのです。

・若手抜擢する人の力量をまわりが納得していること

・支持する人が過半数を超えていること

などが条件としてあげられます。

 

こうした条件を準備することになります。

若手抜擢は順調に回りだすと成長路線

入ることが大半です。

若さと成長が比例するからです。

 

ベテラン再投入のパターン

リーダー不在の時に、

・ベテラン再投入

することがあります。

 

これは、上場会社の経営者にも

見られる現象です。

 

業績がわるくなり、大ナタを振るわなければ

ならない時に強権発動ができる

・大ベテラン

が必要なのです。

 

一旦、引退されたリーダーを再投入する

ことで現状改善を一気に進めてしまう手法です。

 

組織が下降気味で改善方法が少なくなった時に

選択することになるパターンといえます。

 

このようにリーダーを選ぶパターンは

複数あります。

 

その都度、押さえるべきポイントがあり

慎重に進めることだと感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/