スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

グローカリゼーションとは

地球

グローカリゼーションとは

グローカリゼーションとは「グローカル」とも呼ばれている言葉です。想像できると思いますが

  • グローバル(グローバリゼーション)

  • ローカル(ローカリゼーション)

が合わさった言葉です。

グローカリゼーションとは

グローカリゼーション(グローカル)とは
「世界的な視野を持ち地域密着」
という意味になります。世界中に展開している企業が地域特性に合わせたカスタマイズをすることもグローカルのひとつです。

インターネットの世界では世界中にサービス提供している会社が地域限定のサービスを提供することもグローカルに含まれます。働く人たちが地域密着の仕事をしながら世界的な視点を持ち合わせることもグローカルです。

ローカライズする能力

グローカル化を実現するためにはカギになる部分があります。企業はグローバルに展開をしていてもその土地に根ざしたビジネスの価値観で進めることがポイントなのです。同じ商品を世界中で販売すると予想より売れないことがあります。そのエリアや国にあった商品に追加機能を増やしたりカスタマイズをしていくことが求められているのです。

グローカルが得意な企業

グローカル化が得意な企業はどこでしょうか?日本で成功している外国企業はグローカル化が得意と言えます。日本は外国から見れば特殊な価値観の市場なので日本に合わせた商品サービスが必要になります。日本の価値観に合わすことのできた企業だけが生き残っているのです。

わかりやすいところで外食産業で展開している外国企業はグローカルが得意と言えるでしょう。スターバックス、マクドナルドなどは典型的なパターンです。日本特有のサービスや限定商品がスムーズに展開できていると感じています。

グローカルが不得意な企業

逆にグローカルが不得意な企業はどのような会社でしょうか?日本企業が外国に進出するときに失敗が多かったことがあります。テレビや冷蔵庫などの家電はサムスンなどに海外では負けていました。グローカルな視点が欠けていたからです。

日本仕様の製品が各国で売れると判断してしまったのです。ローカライズをほとんど施さなかったことが普及しなかった原因です。テレビがインターネット対応していなかったり冷蔵庫に鍵がついていなかったりといった細かいところで価値観に合わせられなかったことがあるのです。

まとめ:ふたつの視点

こうして考えてみるとビジネスをするときには

  • グローバルな視点
  • ローカルな視点

を行き来しながら考えていくことが普通だということです。どちらか一方だけでは不足してしまう。時には「グローカル」を思い出すことだと感じます。