fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

時間をかけて迷いたい

【fjコンサルタンツ365日Blog:3639投稿目】

 

買い物は2パターンに分かれる

人が買い物するパターンは限定的だと

言われています。

 

買い物パターンを心理学的アプローチで

分析し、そのノウハウを提供している

会社もあるくらいです。

 

これは日本に限らず世界中どこでも

同じようなパターンを描くと言われて

おり人は買い物する時には似たような

心理プロセスを描くのです。

 

時間軸で買い物パターンを分類して

みると2つのパターンがあります。

 

①即決パターン

②熟考パターン

の2つです。

 

自分の買い物パターンを振り返れば

実感するのではないでしょうか。

 

即決する買い物パターン

即決する買い物パターンは必需品を

購入する時や日用品を買う時が

当てはまります。

 

欠かせないものを買う時は時間的に

切迫したものがあるからです。

 

緊急度が高いのです。

そのため欠品を補うことを優先し

品定めの基準は優先順位が下がります。

 

とりあえず欠品するよりは補充が

あったほうがいいのです。

 

迷いたい買い物パターン

もう一方の熟考する買い物パターンは

切迫したものがありません。

 

ゆっくりとした時間軸がそこには

存在しています。

 

熟考型には大きく2つに分かれており

「迷いたい」パターンと「考えたい」

パターンの2つです。

 

迷いたいパターンというのは、購入

予定の商品についてデザイン性などを

迷うことを指しています。

 

純粋に数値化されて比較するものでは

なく感覚で良いわるいを判断する

内容です。

 

この場合自分の感覚で「良い」「わるい」を

ジャッジする感覚が楽しいのです。

 

自分が主導権を握って選択している

ことに喜びがあるのです。

 

考えたい買い物パターン

熟考型のもうひとつが「考えたい」

買い物パターンです。

 

この場合は「比較検討したい」と

表現するとわかりやすいでしょう。

 

性能や機能、価格、コストパフォーマンス

などを数値で比較していくのです。

 

いわゆる評論家のような存在になること

です。

 

最も性能が高い商品を見つけるという

探索の楽しさがここにはあります。

 

中には探し出した選りすぐりの商品を

まわりに知らせることで満足を

感じることもあるのです。

 

「何を選んだらいい?」と頼られる

存在にもなることができるからです。

 

買い物はエンタメ

このように時間軸で買い物を考えると

買い物自体が

「エンターテイメント」

だということを再認識します。

 

即決型は単なる補充という意味合いの

買い物ですが熟考型はエンタメなのです。

 

この時間軸から見る買い物パターンを

理解しながら販売を考えると企画の

内容が変わってくると思います。

 

販売は顧客にエンタメを提供している

と考えることです。

 

そうすることで自分たちの役割が

販売する、商品を提供する役割から

顧客の買い物時間を楽しませる役割

へと変化するのです。

 

[amazon_link asins=’4798052701′ template=’ProductCarousel’ store=’fujiwaratakey-22′ marketplace=’JP’ link_id=’524f1dbc-fcca-11e8-8283-1372140e37ab’]

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/