fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

経営観はあっても経営感がない

【fjconsultants365日Blog:3698投稿目】〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜

情報重視は経営観

経営において

・データ分析

に重きをおいて経営の決定をすることは

【経営観】

を重視していることになります。

「経営観のある経営」をしていると

表現されます。

リサーチし、データ化した内容で

判断する経営手法です。

ネットワーク

経営観のある経営とは、次のような

形になります。

たとえば

・数値で把握するので客観的に判断

・微細な動きを察知

・偏見なく検知できる

・1%にこだわる経営

 という形になっていきます。

とかくメリットばかりに見えるのが

特徴のひとつです。 

データを元に経営の判断をしていくので

非常に論理的でしかも安心感があります。

「経営観」の経営で非常に自信を持っている

人が多いのも特徴だと感じます。

感覚重視は経営感

逆に感覚を重視する経営判断は

【経営感】

になります。

「経営感を大切にする経営」をしている

と表現されます。

water

見たこと、感じたこと、直感を頼りに

経営の判断をすることです。 

今までの経験を重視しているのが特徴です。

経験がすべて、といってもいいでしょう。

ただマイナス点もあります。

成功体験に引きずられやすいということです。

自信過剰になってしまう恐れもあります。

経営観と経営感

経営観と経営感はバランスよく備わって

いるのが理想です。

経営観と経営感のパターンを考えて

みたいと思います。

組み合わせは4パターン。

①経営観:有り & 経営感:有り

②経営観:有り & 経営感:無し

③経営観:無し & 経営感:有り

④経営観:無し & 経営感:無し

の4パターンです。

 

創業者は③の「経営感のみ」のパターンが

多くみられると感じています。

経験重視でそもそも情報やデータを重視

しないパターンです。

計画を作成して進めることもあまり

必要としないこともあります。

とにかく経験を信頼し判断を進めていく

経営になります。

後継者、事業承継される方に多いタイプは

②の「経営観のみ」になります。

といいますか経営観のみに陥りやすいと

いうことです。

現場経験をせずに経営者にいきなりなって

しまうことがあるからです。

現場知らずの経営者と呼ばれてしまうことも

あります。

両方が備わるようにしていく

スキル、技術、技量というものは

バランスよく身につけていくのが

理想です。

偏りは対応できる幅が狭くなるのが

普通なので、バランスよく身につける

ことで幅を広げていきたいところです。

経営観が身についたら、経営感が

備わるように経験を積んでいくことも

考えておくと長い道のりも平坦に

なっていくのです。

ビジネスや経営は短距離走ではありません。

今が良いというのは将来も良いという

保証にはならないと感じています。

これから数年はそれを実感する人が

増えるのではないかと危惧しています。

それを回避するためにも経営のスキルを

身につける優先順位を考えていくのも

ひとつの方法だと実感します。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/