fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

テキスト頻出度からわかる不確実性

【fjconsultants365日Blog:3,759投稿目】
〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜fjコンサルタンツ藤原毅芳

世の中の流れをどこでつかむのか

世の中の動きは様々なキャッチアップがあります。
統計データもそのひとつですがリアルタイムではないので
時間差が出てしまいます。

店頭の販売状況も各企業が発表するのを待つのもひとつの
方法ですが、店頭の販売状況をリアルタイムでリサーチする
企業もあるようです。

投資家に情報を販売しており、有効性があると認識されて
います。

リサーチ方法はシンプルで小売店の店舗に電話で確認を
したり、店頭に出向いて情報を入手するようです。

メーカーより情報が速いという噂です。

ゼンリンが地図をつくる時に人が現地を確認するのと同じ
手法ですね。

世界:不確実性指数が高い6年ぶり

世界の不確実性指数という指標があります。
新聞記事などのテキスト情報から指数をつくって
不確実性を定量化して指標をつくっています。

ニュースソースに含まれる次のような単語がどの程度
出てくるのかを元にしています。

  • 不透明
  • 不確実性
  • 不安
  • 不安定
  • 流動的
  • 先行き不安
  • 微妙
  • 不確定
  • 景気
  • 赤字
  • 規制
  • 国債

といった単語です。
想像すればわかりますが、こうした単語の出現頻度が
増えれば世の中が不安定な状況になっているとわかるのです。

チャート


米国スタンフォード大学では「世界 不確実性指数」を
発表しています。
140カ国ほどの国の経済ニュースを元に指数を出しています。

最近の指標は「252」。
これは、6年ぶりの高い水準まで上昇しています。

米中の問題だけに限らず、EUも英国離脱問題が先行き不透明で
こうした指数が上がっているのが理解できます。

参考:
http://www.policyuncertainty.com/global_monthly.html

日本の場合:政策の不確実性について

日本の場合はどうでしょうか。
政策の不確実性のデータがあります。
http://www.policyuncertainty.com/japan_monthly.html

グラフをつくってみると(1987年1月〜2019年3月まで月別)

というグラフになります。

直近では2016年7月に高い指数を出していますがそれ以降は
下がっており2018年1月が最近では底(最低値)になっています。

今年に入ってからは少しずつですが上昇しているのがわかります。
これが5月以降でどのように変化するのか確認していきたいと
考えています。

テキストマイニング

もともとテキストマイニングという分析手法があります。
文章に使われているテキスト(単語)の頻度や使われ方を
読み取って、文章から得られる情報を分析していきます。

不確実性の指標もテキストマイニングの一種です。

ネットワーク


一時期、このテキストマイニングに凝っていたことがあり
興味のある分野です。

最近はSNSにより個人がテキストとして発信することが
増え、テキストマイニングを行うには最適な環境になりつつ
あります。

特に日本人は個人として発信する頻度が高いと言われています。
この個人の発信するテキストを解析する会社もあり、そこから
株の売買を行うこともあるのです。

まとめ

こうして見ると、最も速く世の中をつかむには、ニュースや
SNSを見ることが有効だとわかります。

ただ数量が少ない場合は世相をつかむまでにはいきません。
しかし、風を感じることは可能です。

その感じた風を統計などで裏付けしていけば正確なものに
なると考えています。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/