fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

集めた企業が勝つことになる個人データをどう集める?

【fjconsultants365日Blog:3,819投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

個人情報買い取ります

「個人データが集まれば作成できるようになります」
人工知能を活用したビジネスでは日常に交わされるやりとり。

ある個人データがあつまれば機械学習にかけて精度を上げる。
その結果、人工知能が正確な判断ができるようになるのです。

ただ、重要な個人データ収集が壁にぶつかっている。
「データが集まらない・・・」
そんな状況になっています。

では、個人データを今後どうやって集めるのか。
許可なくデータを収集することは現在できません。
そのためどの企業でも苦戦しています。

そんな中で動きが出てきているので参考にしながら今後の
動きを探っていきたいと思います。

サーバー

レシート画像 直接買い取り型

「個人データを買い取ります」
と正面から投げかける企業が出てきています。

ONE

2018年に衝撃的だったのは「レシート買い取ります」という
サービスをはじめた企業。
スタートアップ企業がはじめたこのサービスはパンクしてしまい
すぐにストップ。
今はサービスを限定して運営しているようです。

「画像を撮ってお金にかえよう:ONE」

https://corp.wow.one/
https://apps.apple.com/jp/app/one-e3-83-af-e3-83-b3/id1373644984
レシート(領収書)

CASH b

似たようなサービスは他にもあります。
CASH bでは、アプリをダウンロード後
①買いたい商品をチェック(クリック)
②アンケートに答える
③購入後、レシート撮影送信
という流れ。

これによりキャッシュバックがあるという仕組み。
https://www.cashb.co.jp/ja/business/howto/

レジ

カウトコ

もうひとつのサービスはダイレクトに
「レシートを買う所」
とうたっています。

レシートの画像をメールで送付。
そうするとポイントが与えられる仕組み。
ポイントは、貯まると商品やギフト券などに交換できるようです。

https://receipt.kautco.com/

クレジットカード

利用状況データ買い取り型

他にもスマホの利用状況をそのままデータとして
買い取るサービスもはじまっています。

Facebookは

「Facebook Study」

https://www.facebook.com/facebookstudy
https://newsroom.fb.com/news/2019/06/study-from-facebook/
facebook study

というサービスを開始します。
このサービスでは

  • インストールされているアプリ
  • それぞれのアプリの利用時間
  • 所有者の国、スマホ機種、通信会社 等

の情報を収集します。
その情報に対して対価を支払うサービスになっています。

Facebookは以前にも同様なサービスを展開していましたが
批判が大きくなったので一旦休止していました。
今回は新しいサービスとしてリリースするようです。

データは次の石油

今後、国も企業も個人のデータ収集の覇権争いに
なっていくと予想されています。

個人データを集めたほうが勝ち。
そんなシンプルな競争になるでしょう。

そのためにコストをかけて収集することが当たり前に
なっています。
今後、大企業だけに限らず顧客の情報などを集められる
企業が競争優位になるのは明白。
今からでも準備しておくことだと感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/