fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

経営者が目が離せない変化スピード

新幹線

【fjconsultants365日Blog:3,834投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

最近の動きが速い

毎日流れるニュース。
見ながら感じることは【変化スピード】。

変化する速度を常に感じながら見るようにしているのです。
というのも、この2ヶ月間は変化スピードが速くなっていると
感じます。

変化スピードが速い部分をピックアップして取り上げてみます。

新幹線

終身雇用から年金まで

令和になった途端に大企業が考えていることを
公にするようになりました。
終身雇用制は維持できない、終身雇用制は制度疲労している
といったことが経営トップから発表されています。

その直後には年金問題。
年金だけでは不足する。
2,000万円不足する、というキーワードだけが話題になり
ほとんどの人の記憶に定着するようになりました。

終身雇用と年金制度。
この歴史ある制度が将来は維持できないことが公に
される時代へと移りつつあるのです。

これ、大きなできごと。
今まで大きく取り上げられることも公開されなかったホンネも
すべて出てきています。

ようするに、今後は思い切って「構造変化させる」という意思表示。
そのように個人的には感じています。
今後は大企業の構造変化スピードが上がるでしょう。

お札

透明性が求められている企業経営

NHKが取り上げたベトナム人技能実習生の実態。
https://www4.nhk.or.jp/P4253/x/2019-06-24/21/31077/2257052/
劣悪な環境、
低賃金、
休みもほとんどなく、
長時間労働
を強いられている。

「助けてください」という動画が流れました。
ある業界が特定で名指しされたため関連する企業は対応に
追われたのです。

こうしたことがNHKで放送されるようになりました。
企業経営は「透明性」が求められる、と言い続けてきたことが
実際に現実になりつつあります。

今後も益々「透明性」が求められるようになるでしょう。

通勤

2020年に前倒し

自動車メーカーのトヨタが2020年に前倒しを発表。
「全販売店・全車種併売化」
についてです。
https://global.toyota/jp/newsroom/corporate/28670855.html

もともと全販売店・全車種併売化は2022年〜2025年に実施する予定
だったのを2年以上も前倒し。

2017年からトヨタの販売店統合や併売化は予測していましたが
これほど慌てて手を打ってくるのは異例のように感じます。

販売店もメーカー側も将来不安が強く感じているのでしょう。
そのため時間がかかる予定だった全販売店・全車種併売化が
前倒しになったのではないでしょうか。

まとめ

変化スピードは速い時期と遅い時期があります。
いまは速い。
変化が速い時期に来ています。

2019年はそんな変化スピードの速い年になるでしょう。
年末に向けてさらに加速するような気配があり目が離せません。