fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

価値創造型と価格破壊型から考えるイノベーション

天文

【fjconsultants365日Blog:4,262投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

イノベーションって

イノベーションが問われる時期に来まし
た。
不況や不景気になると「イノベーション
が話題になりやすい。

新しいビジネスや新しい商品、新しいサ
ービスが注目されるからです。

とは言っても、イノベーションには種類
があり、事例を見て理解はできるが、整
理したり自分から発見するのは難易度が
高い領域です。

今回は、下記の2つのタイプから考えて
みたいと思います。
世の中のイノベーションをこの2つの視
点から分類したらどうなるのかを考えて
みたいと思います。

イノベーション:タイプ

価値創造タイプ(新市場型・破壊的イノベーション) 
価格破壊タイプ(ローエンド型・破壊的イノベーション)

「業界破壊企業」斉藤徹著

価値創造タイプ

価値創造タイプ。
これは商品・サービスの分野で発見する
ことができるイノベーションタイプ。

古くから言われるのがソニーのウォーク
マンです。
その流れでイノベーションとなる商品群
は、AppleのiPodであり、その後のiPhone
です。

どのような価値を創造したのでしょうか。
下記にまとめてみます。

ウォークマン外でも音楽が聴ける
iPod部屋中の音楽CDを持ち出せる
iPhoneオフィスを持ち歩ける

といったところでしょうか。

特に移動しながら自宅と同じライフスタ
イルで生活できる価値は予想以上の内容
です。

同様に移動しながらオフィスと同じ環境
を外で享受することができるのも測定で
きないほどの価値だと感じます。

次は、自宅の通信速度が外でもどこでも
可能になるイノベーションが待っていま
す。

それに合わせて、遠隔操作、遠隔手術と
いった価値創造のイノベーションが実現
されるでしょう。

事故を絶対に起こさない自動車の実現も
目の前に来ています。
なので電気自動車の普及はイノベーション
とは呼ばないでしょう。

このように考えると価値創造のイノベー
ションは楽しい分野です。

価格破壊タイプ

価格破壊タイプはわかりやすい。
ベンチャー企業やスタートアップ企業が
既存企業に対して、安価なサービスを打
ち出すことが多いからです。

しかも、IT化、ネット上で完結させるサ
ービスを出してくるので一気に価格破壊
が起こるのです。

ネット通販はその典型でしょう。
過去は、
【メーカー→卸商社→小売店→ユーザー】
といったルートで販売していた商品が
【メーカー→ネット通販サイト→ユーザー】
となり、最近ではD2Cという形になると
【メーカー→ユーザー】
と直でつながるようになっています。

強引にまとめて説明すれば、すべては
【直取引】
へと向かっているのです。

そのため、直取引には価格破壊がセット
になっているケースが多くなるのです。

典型的なのは、長年新規参入がなかった
生命保険業界にネット保険で参入した
ライフネット生命でしょう。
https://www.lifenet-seimei.co.jp/

お客様とは、オンラインで商談をするス
タイル。
他社のような営業部を抱えていません。

生命保険は形のない商品を扱っており、
説明型の商品だと考えられてきました。
そのため、営業パーソンが直接お客様に
説明しなければならない、と思われてき
たのです。

それが、オンライン上で完結するライフ
ネット生命が生命保険の原価を開示しな
がら安価な生命保険を販売しているので
す。

今後は、生命保険だけでなくオンライン
上で顔の見える仲間で共済を組める仕組
みも出てくるでしょう。

それこそ、共済を組成した仲間に何もな
ければ掛け金が戻ってくる仕組みになる
と予想されています。

若い年代だけで蘇生すれば、安価な共済
ができあがるのではないでしょうか。

健康保険も同様な内容で新しい健康保険
組合が出てきてもよさそうです。

まとめ

イノベーションは難しく考える必要はあ
りません。

価値創造型と価格破壊型の両面からアイ
デアを出していけばイノベーションに衝
突するだけです。

考えるだけで楽しい領域であり、経営の
醍醐味でもあります。