fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

デジタル田園都市国家構想を知っておく

コロナ時代のデジタル田園都市国家構想

【fjconsultants365日Blog:4,281投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

これも廃止あれも廃止

印鑑が不要になる、印鑑を廃止する、
という動きに始まり、次はFAX廃止
になるようです。

どちらかといえば企業より官公庁の
ほうに大きな号令がかかるのでしょ
う。デジタル庁も創設されるようで
す。

デジタル化の動きがリバイバルのよ
うに再スタートを切るのではないで
しょうか。
具体的に自民党がどのような形で
デジタル化を進めていくのか、過去
に提言がされていますのでその資料
の中から読み解いていきたいと思い
ます。

コロナ時代のデジタル田園都市国家構想

用語

資料冒頭に用語の解説が出ていまし
た。
これらの用語を把握すればこの資料
に書かれてあることが、
・どのような内容なのか
・どこまでのジャンルなのか
・どこまでの領域なのか
が予想つきます。

また用語がわからないとデジタルに
ついて理解が深まりませんので重要
な部分です。

↓(画像クリックで拡大)

用語
用語

デジタルについては用語を知らない
人は置いていかれます。
共通言語がわからない人は遅れてい
ってしまう世界です。

なので経営に携わる人だけでなく
リーダーも含めて理解しておくこと
が必須となります。

言葉がわからないので遅れていく、
言葉を知らないから後退していく領
域なのではないでしょうか。

わかりにくい点と表現される方が多
いですが通常の生活の中においても
横文字がかなり入り込んでいますの
で慣れの問題でしょう。

使い続けることで慣れ親しみ使いこ
なせるようになると思います。

2030年の理想像

2030年の理想像として下記のことが
挙げられています。

  • デジタルワーキングスタイル(リモートワーク)
  • オンライン医療
  • オンライン授業(EdTech企業)
  • ティーチングからコーチングへ
  • 個人情報は適法に活用される
  • 行政のデジタル化
  • 工場の国内回帰(IoT、ロボット、3Dプリンター)
  • 商品サービスの「トラスト(信用)」が評価軸に加わる
  • 地方分散を支えるのデータ連携基盤
  • エンターテイメントが地方から発信される
  • 災害発生時にリアルハザードマップで情報共有

理想像からわかること

取り上げられているジャンルは、

仕事、医療、教育、行政、製造業、
データ、エンターテイメント、防災


の8つです。
このジャンルが大きく変化していく
ことが予測されます。
デジタル化によって大きく飛躍でき
るジャンルと言うことができるでし
ょう。
今まで変化が少なかったジャンルで
もあります。

まとめ

どこまで実現されるのか、どこから
実現されるのかは未定ですが方向性
はこれでわかったのではないでしょ
うか。

他のジャンルが重点的に予算がつき
投資が進む可能性が高い。
自分たちの経営において関連する部
分があるのであれば早期に対応を進
めておいて損はありません。

ファーストペンギンとして活躍する
と大きなメリットが転がり込んでく
ると思います。

コロナ時代のデジタル田園都市国家構想.pdf

コロナ時代のデジタル田園都市国家構想.pdf

https://www.hirataku.com/wp-content/uploads/2020/07/20200722DN20_%E3%82%B3%E3%83%AD%E3%83%8A%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E7%94%B0%E5%9C%92%E9%83%BD%E5%B8%82%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E6%A7%8B%E6%83%B3.pdf