fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

やはりデータで確認し理解していく

【10年超:fjconsultants365日Blog:4,466投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

日本は減っている

2020年の速報値(厚生労働省)が出ています。
1年間の死亡数が減少しました。
約1万人の減少です。

それまでは、毎年2万人ずつ増加していました。
高齢化社会のため増加するのは当たり前とされていたのです。
それが、減少。
結局のところ、3万人程度の死亡数が減少したと解釈されています。

2020年1年間死亡数(速報値):前年比 9,373人(0.7%)減

具体的な数値は
・1,393,917人
から
・1,384,544人
へ9,373人減少しています。(下記参照)

人口動態統計速報
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2021/01.html

こちらも減少

日本は2020年において「超過死亡なし(減少)」となりました。
超過死亡とは

超過死亡率(英:excess mortality rate)とは、
特定の母集団の死亡率(死亡者の数)が一時的に増加し、本来想定される死亡率(期待値)の取りうる値(信頼区間)を超過した割合のことである。
「死亡率の変動」(英:Mortality displacement)とも言う。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%81%8E%E6%AD%BB%E4%BA%A1%E7%8E%87

と定義されています。
いわゆる、感染症だけでなく他の疾患も含めた死亡数が増減したのかを表す指標。
これが増加していなかったのです。

9割は

日本において新型コロナ死亡数の90%は高齢者で、集団感染は高齢者施設が最も多い。
その事実もようやく報道されはじめています。
こうした事実をもとに報道の軸を構成してほしいと感じる人も増えてきました。

何を注意するのか。
どこに力点を置くのか。
データをもとに施策を考え解決へと導きたいところです。

まとめ

データを理解し、感覚を養うのは選択眼を培うためには必要な部分。
耳に入ってくる内容だけを頼りにするのは偏りが発生する可能性があります。

こうしたデータを直接見ることで眼を養う。
判断できるようになりたいところです。

今後、こうした統計データをもとに発言しているのか、感覚で主張しているのかが問われるでしょう。
まわりの人も判断できてしまうからです。
問われるポイントなので発言には気をつかうことになるでしょう。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/