fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

新規事業の経験値はリーダーに有効か

【fjconsultants365日Blog:4,484投稿目:10年超継続】fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

活躍するリーダー

景気が下降局面になると活躍するリーダーの種類が変化します。
理由ははっきりしています。
既存顧客の売上に頼っているリーダーは停滞していく。
そんな中で、結果を出しているリーダーは新規創出に強い。
ということは、新規創出に強いリーダーだけが活躍する場面になっていくのです。

新規創出とは、新規顧客(新規担当者)であり、新規商品であり、大きくは新規事業となります。

そう考えると、リーダーの成長の過程に新規事業の経験が必須になるのでしょうか。
その点を考えてみたいと思います。

プレゼンテーション

既存事業での経験の価値

企業規模に関わらず既存事業での経験の中に良質な経験が少なくなっています。
既存事業が大きく飛躍する場合は良質な経験値が増えます。
しかし、既存事業が停滞、もしくは下降気味だと良質な経験値は増えません。
そうなると、良質な経験を積むために既存事業や既存顧客だけでは不足してしまう。
そんな状況に気付かされます。
他の経験が求められるのです。

新規事業での経験に価値はあるのか

既存事業以外の経験といえば、新規事業の経験。
ゼロベースから事業をスタートさせる経験です。
何もないところから売上をつくっていきます。
顧客をゼロから創造しなければならないときもあるでしょう。
そんな新規事業での経験はリーダーにとって価値があります。
価値と併せて、強さも備わります。
自信にもつながるでしょう。

経営者で言えば、創業社長の強さと同じような経験価値です。
不況時になると創業社長の強さが際立ちます。
それはゼロからスタートさせた自信と強さだと感じます。

経験特性

こうした新規事業の経験は下記のような経験特性と似ています。

「トランジション」
「変化の創造」
「高度な責任」
「権限が無いところでの関係性構築」
「障害」
の 5 つ

https://www.researchgate.net/profile/Jun-Nakahara/publication/319598982_An_empirical_study_on_learning_by_middle_management_through_the_experience_of_new_business_incubation/links/5ceb50d8458515712ec5f47c/An-empirical-study-on-learning-by-middle-management-through-the-experience-of-new-business-incubation.pdf

新規事業を任されるリーダーは責任が大きくなります。
ここでいう『高度な責任』を持つことになります。

障害も新規事業では常に対峙しなければならない対象。
変化の創造は新規事業ではスピード修正と解釈できます。
常に仮説と検証、そして変化させるサイクルの連続です。

権限が無いところでの関係性構築とは、新規事業時の未熟な組織に対する対応が同類と見なされます。
組織のルールが不明確な状態でも仕事を遂行させる関係性構築です。

まとめ

リーダーになれば必ず同じような経験を得るわけでもない。
経験値は人それぞれ違います。
また、時代によっても経験する量は違い、経験値が多い少ないが出てしまいます。
これはリーダー自身の意図ではなく環境によるもの。

ただリーダーは経験すべき良質な経験内容があるのです。
その一つが『新規事業』の経験。

責任を持たされ、障害に対峙し、権限がないところで変化を創造することになる。
この経験値がリーダーとして将来を左右するというのです。

リーダーのキャリア形成の中に新規事業経験を入れておくのも一つの方法だと考えます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。