fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

チーム内に敵をつくりたがるリーダーの裏側

fjconsultants Blog:4,516投稿目 fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

チームマネジメント

リーダーはメンバーを抱えチーム運営をしていますが、チームマネジメントの種類はさまざまあります。
その中でも、リーダーの実力が低いと感じさせるできごとがあります。
それが、チーム内に敵を1人つくってしまうリーダーです。
敵を1人つくることで、他のメンバーの結束を固める手法です。

しかも、毎年のように敵となるメンバーが替わります。
イベントを毎年やっているような感じです。
それにしても、このようなことをなぜするのでしょうか。

結束できない

おそらく、このように敵を1人つくってチームの結束を図ろうとするリーダーにはまとめる力がない。
リーダーとして自信がないケースもあります。
そのため、常に敵が必要なのです。
メンバーの誰かがちょっとした不満を言えば、その対象となる人を徹底的に仮想敵として扱ってしまいます。
いわゆる問題児扱いにしてしまうのです。
「現在チーム内の問題は、・・さんだけです。他のメンバーは結束が固く大丈夫です」と報告している感じでしょうか。
そんなことをしなくてもチームは結束できますし、まとまるはずです。

meeting

関係調整能力不足

今後のリーダーに必須と言われているのが関係調整能力。
人間関係の調整力です。
今回取り上げた敵をつくるリーダーのケースも、チーム内のバランスを調整できる能力が不足しています。
騒ぎ立てるだけで調整はほとんどしていません。
あたふたしているだけです。
本当は利害関係者を調整し着地点を見つけるのがリーダーの役割です。
その点を自覚していないのかもしれません。
もし成長するならば関係調整能力を伸ばすしかないのです。

まとめ

5人から8人のチームリーダーなら誰でもできるようになる、と言われています。
しかし、上記のような常に敵をつくりながら他のメンバーだけで結束させるリーダーは適性が疑われます。
しかもチームの結果にも結びつきません。
別の側面から見たら『他責』をベースにするリーダーとも言えます。
だれかを敵にしながら、しかもその人に責任を押しつける。
業績不振になれば敵となった1人の責任にしてしまうでしょう。
報告を聞くと毎回のように「問題が発生しています」からはじまります。
聞いている方は恒例行事のような感覚にさえ陥ります。
リーダーは、他責にしない。
リーダーは、関係調整能力でチームを束ねる。結束を固める。
その基本に戻ってほしいと思います。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/