スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

fj-fast-judge fast judge top

startup

48年前から現在を振り返り大枠でわかること

このグラフを作成したかったわけではありませんが、他のことをリサーチしているときに見つけたのでとりあえず情報として保管しておきます。1974年から2022年までの48年間のグラフになりますが、真ん中で分けると ・左半分(1974年〜2000年ごろ) ・右半分(2000年ごろ〜2022年) で景色が違うことがわかります。右半分に関しては2011年の東日本大震災以降に大きく下がっており、そのまま継続しているのもわかります。
time management

会社を支えるのはこの精神です

転換期におけるキープヤングを個人的な解釈で考えてみると、実年齢の若いスタッフをリーダーに登用することだけがキープヤングではありません。ヤングという定義を次のように考えれば実年齢に問わずヤング精神を持った人を集めることができると考えています。

目が離せないから

年末の日銀実質利上げに続き、年明けには10年もの国債の表面利率を2倍に引き上げました。日銀は敗北したと断言する人も出てきている状況です。冷静に世界を見れば、
factory

新しいことが稼働させられる企業

デジタルツインとは、工場の場合、実際の製造ラインを仮想上にバーチャル空間にそっくり同じものをつくりあげることです。そうすることにより、バーチャル空間でシミュレーションができます。たとえば、限界まで稼動させるとどうなるのか、スピードを上げるとどうなるのか、わかります。
exhibition

自動車メーカーと呼ばなくなる。自動車ソフトウェアメーカーになるかも

ステランティスは多国籍自動車メーカーでブランドは14。発表を見ると、今後の展開をプレゼンしていますが「ソフトウェア」に重点を置いているのが理解できます。自動車メーカーは自動車づくりからソフトウェア会社へ移行しているのです。