スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジfrom2011

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジfrom2011

fast-fj-judge fast-judge885

person-on-off

親切に見せかけて自分本位とは

人はしばしば他者のために行動すると言いますが、その背後にはさまざまな動機が潜んでいることがあります。「おためごかし」とは、表面上は人のために行動するように見せかけながら、実際には自分自身の利益を追求する行為を指します。これに対して、自分の利益を一切考えずに他者のためだけに尽くす人もいます。この二つの行動の違いは、どこにあるのでしょうか。
new-job

環境を変えると成長するのか

季節性のイベントとしての退職現象、新天地への期待、そして場所の変化が個人の成長に与える影響を探りながら、組織の構造と個人の成長の関連性を考えました。結論として、個人の成長は環境の変化によってではなく、個人の内面的な努力と姿勢に依存すると考えています。
Loan

企業融資のトレンドとして注目

金融庁の報告によると、2023年上半期に地方銀行とメガバンクの無保証融資の割合が大幅に増加しました。この傾向は、金融機関が融資時の個人保証を減少させていることを示し、2024年にはこの流れが金融業界の重要な変化として注目されると感じています。無保証融資の結果が数年後に明らかになったとき、再度注目されるようになるでしょう。
金利上昇

7年ぶりの高まりがある

金利の上昇が大手銀行の貸出利ざやを7年ぶりに改善させ、銀行収益の増加をもたらしています。この変化は、借り手には返済負担の増加を意味しますが、金融市場全体の健全性の回復とも解釈できます。金利上昇の影響は銀行業界に好転をもたらす一方で、経済全体に与える影響がタイミングによっては発生します。今後の金融政策と市場のバランスが重要となるでしょう。
future

テクノロジーで未来を加速

効果的加速主義は、テクノロジーと資本主義を活用して社会改革を促進させるシリコンバレーの新トレンドです。最終的には社会問題まで解決できるとされています。この動きに逆の動きが出てくるでしょう。そこについて解説します。
ai20%up

AI効率化の控えめな予測を超えて

楽天市場2024カンファレンスでの三木谷社長の講演によると、AIによってビジネスの効率が20%向上すると予測されていますが、これは実際には控えめな見積もりであり、特定の職種では30%から40%の効率化も可能です。2024年はAIサービスが大量に登場し、ビジネスツールとしての普及が加速する重要な年になります。AIの活用は創造部門においても大きな影響を及ぼし、新しいビジネスの可能性を切り開いています。
planning001

現場の知恵が導く原則とは何が基礎になっているのか

5ゲン主義はビジネスにおける現場主義を表す原則であり、「げんば(現場)」、「げんぶつ(現物)」、「げんじつ(現実)」を基にして、「げんり(原理)」、「げんそく(原則)」を導き出します。この哲学は、現場の実態を重視し、実際の状況に基づいた意思決定を促進することで、ビジネスにおける実践的かつ効果的な戦略の構築を目指します。現場を知り、現実を直視することがビジネス成功の鍵とされています。