fjコンサルタンツ 経営情報 ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのためのWeb Magazineファースト・ジャッジ

fjコンサルタンツBlog藤原毅芳 fjブログtopスマホ

online

事業プランを正確に言語化できる能力

事業プランを考えるときに利用するフレームワークの中に「リーンキャンバス(Lean Canvas)」があります。 先日もこのリーンキャンバスを元に各事業部の事業プランを再構築してみました。 経営戦略の元になる事業プランの品質が向上することは企業の強さに連動します。 今回はリーンキャンバスの内容を取り上げみます。
book

ベストセラーから見える人の悩みと課題

1年を振り返るとき、複数年の文脈で見るとその年が速かったのか遅かったのかがわかります。 変化率も理解できます。 大きく変化した年もあれば、変化率が少ない年もあるのです。 新商品・新サービスの点数やイノベーションを起こした商品・サービスの数も振り返りたいポイントです。 自分の業界において
コイン

過熱なのか順調なのか

株価×株数→時価総額になりますが、世界のトップから1000社の時価総額ランキングの半数が米国企業になりました。 過半数になるの初めてです。 中国企業はランキングを落としているのが特徴です。 日本も同じ動き。 時価総額を狙っていない経営だからという意見もまた出てくるでしょう。