経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

発言が度々変わってしまうリーダー

社員に対する発言が半年ごとに変わって

しまうリーダーがあります。

本人は、取り組んだ内容がうまくいかないので

手を変え品を変えている意識のようです。

手法を変えれば現実が変化すると思ってやっています。

ただし、ここで問題が。

それは、発言の内容が「人のモノ」なのです。

そのため、自分の会社、自分の部署に適合していません。

本を読んで、セミナーに出席して成功事例を

聞いて、そのまま社員へおろしています。

同じ業界の成功事例であっても、自分の会社では

メンバーが違いますし、顧客も違います。

適合できるはずがありません。

新しい取り組みは、半年後にはだんだん消滅し、

また新たな取組がリーダーから提案されるのです。

社員の方は、そんなリーダーの姿になかばあきれています。

「またか・・・」

こんな状況を回避するために、

どうやったら自分たちの会社に当てはまるのか、

どのようにアレンジするのか、

なにを適合させるのか、

リーダーの思考が試されています。