fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

予測と計画と修正の関係

予測とは、

1)過去の事例から選ぶ

2)過去の事例にとらわれない

ことの2つあります。

計画とは、

1)到達できる範囲

2)努力到達の範囲

3)チャレンジ領域

の3つあります。

修正とは、

1)スピード修正

2)修正なし

の2つに分かれます。

時代が動かないときは、予測も

過去の事例から選択すればよかった

わけです。

「他社を真似ればいい」

と言い切っていた経営者もいました。

それでも成り立っていたのです。

時代が大きく動く時は、過去より

時代の流れを予測することにウエイトを

おきます。

キーワードは「オープン化

モノも人もすべてがオープンになります。

人の移動、モノの移動もよりグローバル

なります。

競争は激化。競争相手が世界中になります。

私のまわりでも、映画DVDや携帯電話の

カバーを個人でアメリカから購入しています。

注文後3日以内に届く時代です。

航空業界も価格が2極化。今まで飛行機に

乗ったことがない層が移動するようになるのです。

計画は、大胆な時代こそチャレンジが

成立しやすくなります。

修正はスピード勝負。

その都度、変化していいわけです。

楽しみな時代です。