経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

休日の顧客からの電話、どうとらえるのか?

仕事とプライベートを分けて
考える人多いですが、それは
手間がかかる方を選択している
ことかもしれません。

今の時代は即時性を求められます。
携帯電話にmailというツールが
仕事のサイクルを早くしました。

顧客から求められることも、
時間、曜日を問わない状態。

こんな時代において、

【休日に顧客から留守電がきたら】

どう対処するのか?


1)何もとりかからず、月曜日に
なってから対処し始めて返事をする

2)対処にとりかかる。しかし、
返事は月曜日にする。

3)すぐ対処して、返事をする

の3パターンがあります。

できれば
2)、3)を選択したいところです。

顧客の暗に求めているスピードが
仕事の手法を変えてしまっているのです。

休日に、30分程度の段取りで
月曜日の朝が快適な状態に変わります。

そこに早く気がついてもらえると
仕事の忙しさが激減するのです。