経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

モチベーションを考えるのは後かもしれない

経営において組織の話しになると

必ず「モチベーション」の話になります。

モチベーションが上がれば

【人は働くようになる】

と言われています。

モチベーションとは、

【ヤル気、動機】

と解釈されています。

実際、経営の現場ではモチベーションだけで

人が自発的に動くようになるのでしょうか?

というのは、

【モチベーション信仰】

があって、それだけですべてが解決する、という

幻想があるからです。

確かに、モチベーションは大きな要因です。

ただ、それが優先順位の上位に来るとは

思えないのです。

モチベーションのまわりには、他の要因がつながって

います。

衛生要因と呼ばれる、

たとえば、環境、待遇などの項目がはずせないものに

なっているのです。

人の複雑さから考えると、アプローチ方面は

複数あった方がいいわけです。

【モチベーション】だけにとらわれすぎても

いけないと考えています。