fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

任せてる、と、ほったらかしの差

あるリーダー会議で

「それについては、任せてあります

と報告しているリーダーに

【それって、ほったらかしではないですか】

とツッ込みが入りました。

 

絶妙なタイミングで、しかも的確な表現。

 

リーダーとして何もしていない人ほど

「任せてます」

という報告を連発しがち。

 

部下の方にヒアリングをすると

【ほったらかしにされています】

【何も言われてません、指示されていません】

とかえってきます。

 

こんな状況では、その部署の最大能力を発揮する

ことはできません。

 

リーダーが

【任せてある】のか【ほったらかし】なのか

どこで判断すればいいのでしょうか?

 

 

それは、

【結果】と【追求レベル】

の2点で判断します。

 

【結果】が出てなければ【ほったらかし】

と判断する。

【結果】が出ていれば、【任せてある】かも

しれない、と判断できます。

 

さらに、任されている部下の仕事への取り組み

《徹底的に自分で考え、追求されている》ときは、

【任されている】状況。

 

指示を待っている状況があれば、

【ほったらかし】

と判断できるのです。

 

まとめてみますと

【結果出てる】→【自主的な追求】=【任せている】

【結果出てる】→【指示待ち】=【ほったらかし】に近い

【結果出ていない】=【ほったらかし】

という形になります。

 

このように、【任せています】という言葉は

巧妙な表現なので、注意が必要なのです。

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/