スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

根拠のない自信をやめて前進する

【根拠のない自信を持つこと】

と自己啓発本には書かれてあります。

順調に進む場合には、それでも大丈夫です。

しかし、これだけ変化が激しく、不安要素が

多い時には、根拠のない自信で押し通すことは

しんどい作業になってしまいます。

「じゃあ、どうすればいいのですか?」

と昨日も、ある経営者から本音が聞こえてきました。

取り組んでいるマーケットの変化が急激に変化して

いるので、現状の変化の事実を知れば知るほど

お手上げな気分になってしまうのです。

そうなると、行動が「フリーズ」。

何かしなくては、と焦る気持ちと裏腹に

何もできなくなってしまうのです。

こんな時に経営者は、発言を慎重に

しなければなりません。

コロコロ発言が変わってしまうようでしたら、

まわりの社員、関係する方々に不安を植えつけるだけです。

下記のようになるでしょうか。

【根拠】あり:【自信】あり→【発言】してもよい

【根拠】なし:【自信】なし→【発言】控える

経営者だから、引っ張っていかなければ

ならない、という気持ちもわかりますが、

まわりから見れば、

「社長が右往左往されても困ります」

というのも本音。

根拠をつくっている途中は、発言を控え、

【グッと、辛抱する】

時なのかもしれません。

長期休暇のこの時期に、経営者自身が

【大きく前進する】

ことができるチャンスです。

ノイズなしに長時間同じことを考え続けることが、

根拠、自信となり、それが進化をもたらすのです。