経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

組織化がスタートする瞬間

数多くの経営の現場に立ち会っていると

ここが組織化のスタートだ、

と感じる瞬間があります。

そこには、

人の変化

がベースにあるわけですが、

どんな人が変化したときに組織化の

スタートを切ることができるのでしょうか。

先日もこんな事例がありました。

20年以上のベテラン社員が

「入社以来、はじめての経験です。

こんなスピードで社内が変化するなんて」

と、ポロッと感想をもらしたのです。

理由は、どうしても根本が変わることの

できないリーダーがいたからなのです。

では、そのリーダーは、

頑固な人

だから変わることができないのでしょうか。

それなら、話しは簡単です。

わかりやすいですし、見えやすい。

しかし、組織のボトルネックはもっと見えにくい。

理解力があり、リーダーシップがあるように

見える方の中に、問題点が潜んでいる場合が

あるのです。

そんなリーダーは、

 直接的ではありませんが、見えない部分で

巧妙に【ストッパー】をかけていっているようです。

なぜなら、そんなリーダーの元では、成果の

発展もなく、人の成長にも限界が見えてくるのです。

組織の現象面を冷静に見ながら、判断し、

理解力のありそうなリーダーで

実は、ストッパー上司に当たる方を見つけ

変えていくこと。

それが、その変化が組織化のスタートと

ようやくなるわけです。

こんなところにも、優先事項が隠れていることも

あるのです。