経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

人が失敗を長期間引きずる理由

先日

「仕事で失敗したくない」

というブログを書きました。

反響が大きいところを見ますと、やはり人は、とても

【失敗が気になる】

存在だと実感しています。

失敗という概念は、どうして大きな感覚として

人の中には長期間、残るものなのでしょうか。

前回は、体裁が気になる、カッコわるい、などの

ことを解説しました。

今回は、もうひとつの側面から見てみます。

人は

【選択した道】と【選択しなかった道】

の両方に感情を持っています。

失敗というのは、【選択した道】で起こるわけですが

なぜか

【選択しなかった道】

の方が感情的に大きな形で残ってしまうのです。

特に大きな決断ほど【選択しなかった道】のことばかり

気になるわけです。

たとえば、高額な商品を購入したいと思い

「今は購入するのを止めておく」

と判断します。

そこから【購入した】という選択肢が気になり出すのです。

「もし、購入していたら・・・」

と【if;もし・・・ならば】ということばかり考えて

しまうわけです。

この反復回数が多いため、記憶と感情で

【失敗という意識】

が定着してしまうのです。

「反省」という名で、過去を【if;もし・・・ならば】と

振り返る習慣のある人ほど、

【失敗を引きずる】

傾向にあります。

過去の選択を変更することはできません。

その時に、【最高の決断】をしているはずです。

現在から過去を見れば、正解が見えてきますが

それをしつこく繰り返す必要もありません。

【将来】に向けて考え、【将来】に向けて行動し、

結果や貢献をしていけばいいと考えています。