fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

定点観測から気がつくこと

定期的に観測することでわかることは多い。

たとえば、わかりやすい所でいけば

定期的に行く飲食店はわかりやすいと

思います。

最近も立て続けに、とあるチェーン店で

気がつくことがありました。

オペレーションが厳しい

と評判だったチェーン店ですが今は

その面影がありません。

本部の統制力が落ちているのでしょう。

今後の業績も予測できしまいます。

また、別の業界では

細かいミス

が多発している会社があります。

気になっていたところ、先日もそれを

気が付かせることを目にしました。

顧客への案内が二転三転していたのです。

「先程のご案内を訂正します」

とアナウンスしていました。

他にも凡ミスが続いているので、いつかは

大きな事故が起こるのも時間の問題かも

しれません。

他にも、急に空き店舗が増えたエリアもあります。

急激な変化を感じることが定点観測の醍醐味。

このように、小さな観測の積み重ねが大きな予測を

可能にするのです。

日頃から磨いていきましょう。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。