経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

強みを理解していない人は人を育てられない

成長には法則があります。

「プラス面を伸ばす」

ことです。

「マイナス点を治す」

ことではありません。

ビジネスにおいても同じ。

会社のプラス面である【強み】を伸ばす

ことが優先なのです。

マイナス面の【弱み】に手を付けても

結果として数字の伸びはわずか。

人の教育においても同じことが言えます。

その人の個性の中で、プラスとマイナスを見て

プラス面を【強み】ととらえ

強みである部分だけにフォーカスすることです。

マイナス点に手をつけるのは後回し。

そういう割り切りも必要なのです。

この視点がないリーダーは、とかく部下の

マイナス点を指摘しすぎ。

「ここが甘いと思う」

と言ってしまうわけですね。

このようなことを多用するリーダーのもとで

部下が育った事例を見たことがほとんどありません。

ヘタをすると一人前にもならないのです。

どこに手をつけて、どこに手をつかないか、を

はっきりさせる戦略を選択する必要がある、ということですね。