fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

受注できるものだけ受注している営業マン

ビジネス

案件に対して前のめりで『受注を取りに行く』姿勢が

営業パーソンには求められます。

しかし、中にはベテランにも関わらず

『受注できる案件だけ受注している』

としか見えない人がいます。

いわゆる、商売人になりきれてない人です。

ここで言う商売人というのは、受注までの

ストーリーを何通りも考えていて、最後まで

対等に話しができる人のことを指します。

ペコペコするわけでもなく、急な商談展開にも

焦らず対応できる人のことです。

そのためには、事前に段取り、準備する範囲を

広げてもらうしかありませんね。