fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

言語を鍛える

green

会話ができるから言語に長けているとは言えない。

経営者、リーダーは、人を引っ張る役目があり

人に動いてもらう立場。

その中で、行動と言語は必須。

見ていると、言語を鍛えてほしい人は多い。

言語を鍛えるのには、

『ボキャブラリーを増やす』

ことが先決。

ボキャブラリーというデータベースを自分の

頭の中につくりあげることが求められるのです。

それには、どうしたらいいのか。

毎日のニュースチェックや読書の中から気になった

言葉を書き出しておくことです。

ラインマーカーを引いておくだけでは不足。

メールで自分宛てに送っておいてもいいですし

付箋に書き出しておいたり、ノートに書き溜めたり

するのもいいでしょう。

そうした習慣が自分の言語を鍛え、人を魅了する

人間に押し上げていくのです。