fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

1年経つと なぜかやめてしまう

先日のことでした。

とあることを毎月実施することにしていた

会社があったのですが、今年に入ってから

なぜか先延ばしになっていました。

毎月1回だけでいいのですが、今までに

やっていないことなので労力がかかる、とのこと。

ムリしないとできない範囲、がんばらないと

できない範囲、だったようです。

はじめてからちょうど1年が経とうとしていました。

このような事例は、実は多いです。

特にはじめてから1年ぐらいが多いのでは

ないでしょうか。

やっていても成果が見えない、意味がないのでは

という声を自分の中でさがしてしまうようです。

ここを越えると、がんばらなくてもできる範囲に

なるのですが、越えたことがない人には感じない

とのこと。

非常に残念です。

会社の強さは、決めたことを例外なく実施することです。

これには、会社のトップであろうと例外はありません。

決めたことを実施できない会社を見ると

会社のトップである役員の方々が例外をつくっている

のを見ることになります。

それが弱さです。

この弱さにも例外はない、ということですね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/