経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

マーケットの移行が進む業界

自動車を購入する若年層が減少している、

ということは聞いている人も多いでしょう。

所有が減少する分、レンタカーは増加傾向にあります。

国土交通省データによると

「2015年3月末 登録済レンタカーは

累計60万台、前年度比較11%増」

となっています。

外国人旅行者のインバウンドも影響しているようです。

レンタカー業界のマーケットサイズは、そろそろ

1兆円規模になる、と帝国データバンクの調査

では発表されています。https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p160904.pdf

レンタカー業界の伸びは今後も続くと予想できます。

所有からシェアへ、という流れは少しずつ

進んでいくことでしょう。

マーケットの移行が進捗している、と言い換え

できると思います。

現在、マーケットが大きくなる業界は少ないので

レンタカー業界においても競争が激しくなる、

という現象も発生しています。

異業種からの参入が起こったり、大手企業が

本格的に展開してくる、といった現象です。

マーケットが大きくなっているから必ず

企業も大きくなるわけではありません。

その点を見誤らないようにしたいところです。

【出典】

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p160904.pdf