fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

組織化への一歩

組織を目標に向かって動かすことの

できるリーダーが少ないのは

そこに壁があるから。

だいたい失敗するリーダーのパターンは

同じようなところに落ち着く。

リーダーとなり権限を持ったから

・命令

することによって動かそうとする。

実際には動いたかのように見えるが

納得して動いている人がいないので

結果は出ない。

性格のわるいリーダーになると

恐怖を使うことも。

理由なく決済しない、ということは

よく聞く話。

出張をお願いしても許可が出ない、

ということも何度聞いたことか。

そこまでしないと組織が動かない

というのはリーダーの力量がない、と

判断してもおかしくない。

では、何が足りないのか?

ひとつには、

・権限と移譲

のラインが不明確。

ある時には、許されて、

次の時には反対される。

そんなことをしているリーダーのもとでは

スタッフの方が優秀であることが多い。

現場での判断を勝手にやりはじめる。

しかも黙って。

リーダーの言ったことと別のことを

実践し始めるわけだ。

これは日本の組織の特徴。

これで結果が出ればOKだが、そうとも

限らない。

組織化の第一歩は権限を一覧表にすべき。

明確にするとは、文章化することから

なのです。

最近もそのような相談が続きました。

ある意味、組織が成長する前の現象とも

いえますね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/