fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

年末合宿

ミーティンング

サービス業で年末年始が繁忙期の業界は

この時期、会議やミーティンングもできない

ことが多い。

そのため、通常の冬季休暇がはじまった

時期に十分な時間を使ってミーティンングや

合宿をすることがあります。

特にリーダーを育成するには、忙しい時ほど

ミーティンングや研修を行うべき、と感じます。

「忙しいから、今はできない」

といったことを言い続けているリーダーが

成長したのを見たことがないからです。

忙しくても、年間計画に基づいて、

やるべき項目は少しでも進捗させること。

これに尽きます。

本当に忙しくて、パンクするのであれば

抜本的な解決を考えることも今の時代は

求められています。

残業に関しても厳しくなりました。

守らなければ会社名を発表する、という

国の方針も決定したようです。

制約条件が狭まることは経営にとって

歓迎すべきこと。

今までできなかった改善に手をつける

ことが可能だからです。

制約条件が狭まり条件が厳しくなるほど

「楽しい」と感じ、解決に向けて

チャレンジする姿勢でいたいですね。

 

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/