fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

計画が高すぎました

計画に対する意識は本当に人に

よって違うものだと感じる時があります。

会社では売上や利益に対して計画が

立てられます。

進捗を確認する時に、到達している場合は

なにも問題がありません。

しかし、進捗から遅れる時はいろいろと

言いたくなるものです。

先日も

「計画が高すぎました」

という報告がされました。

この言葉の裏側にはさまざまな気持ちが

あると思われます。

計画数字に対して当事者意識がない、

とも言えます。

自分で決めたわけではない、もしくは

自分の意図ではない計画数字を求められた、

と思っているのかもしれません。

これは、他でも見受けられる現象です。

いわゆる、どこかで他人事だと感じている

のです。

逃げ道をつくっているとも言えるかもしれません。

このような人が組織に存在すると、全体が

沈滞ムードになります。

伸びることはありません。

雰囲気が会社の結果まで左右してしまうのです。

ほんの些細のことですがとても大事です。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。