fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

労働生産性の伸び悩み

【fjコンサルタンツ365日Blog:3453投稿目】

生産性向上特別措置法 施行

生産性向上特別措置法が施行されました。

中小企業においては

生産性向上のための設備投資促進

が内容に盛り込まれています。

中小企業の生産性は停滞している

中小企業の生産性は大企業と比較して

伸び悩み

の状況です。

たとえば2009年から2016年の生産性の

伸び率は

・大企業:32%増

・中小企業:8%増

となっています。

差は開く一方なのです。

生産性向上のための設備投資

特に

所有設備老朽化

が中小企業の特徴としてあげられています。

今後、人手不足が予測されているので

ここで

・生産性の高い設備を導入する

ことを推奨しています。

設備投資の支援内容

重ねて、支援も盛り込まれています。

支援内容は

生産性を高める設備を取得後の固定資産軽減

・必要な資金繰りの支援(信用保証)

・認定事業者に対する補助金における優先採択(審査時の加担)

が主なポイントです。

中小企業の生産性向上が優先課題

国としても、日本の将来を考えたら

中小企業の生産性が上がることが

優先課題なのです。

働き方改革を実現するためにも

生産性が上がることが必須項目でも

あります。

こうした機会に

・生産性について取り組む

ことのもひとつの方法ではないでしょうか。

経営の計画として盛り込んで

PDCAをまわすチャンスでもあります。

緊急課題ではないですが重要な課題でも

ある生産性向上の取り組むは大義名分が

あるとスタートしやすいと感じています。

【出典】

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/seisansei/index.html

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/