fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

価格推移から普及期が見えてくる

【10年超:fjconsultants365日Blog:4,432投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

3.2万円

アシストスーツ(補助スーツ)。
作業を軽減する装着型補助装置。
以前にも取り上げたことがあります。
バネ式補助スーツ(アシストスーツ)です。
現在の価格は3.9万円(税抜き)となっています。
以前の価格より大幅に下がっていると記憶しています。


今回発売されたアシストスーツ。
別のメーカーが出してきました。

サポートジャケットBb+FIT

https://www.biccamera.com/bc/item/9015831/

価格は32,000円(税込35,200円)です。
だんだんと価格競争の領域に入ってきたように感じます。

ユーピーアール株式会社

https://www.upr-net.co.jp/

マッスルスーツ

バネ式が出る前は高額の商品でした。
振り返ってみます。

電動のマッスルスーツは
・70万円〜80万円
で販売していた実績がweb上で確認できます。
https://www.decn.co.jp/?p=102946

空気圧を用いたアシストスーツは

マッスルアッパー:198万円税別

https://innophys.jp/product/upper/

価格変遷

200万円→20万円→4万円→3万円
と価格が推移しているのがわかります。

性能や機能には差があるので比較するものではないのかもしれません。
しかし、価格ラインナップが揃ってきた感じがします。

自動車で言うならば、高級車から軽自動車まで揃ってきた形です。

まとめ

3万円程度まで価格が下がってくると
・試してみたい
という顧客層が広がります。

使ってみたい、と思ったときに『試すことのできる価格帯』に突入してきたのです。
試して効果がある、と判断する人が多ければ普及期に入るでしょう。
ただ、人手不足の時期に普及する商品なので普及期は先延ばしになっていると予想しています。
今後の動向が注目です。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/