fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

「自動車」の記事一覧

自動車

初めてのトップなのに

統計データが残っている1968年以降、 自動車の登録車販売台数(軽自動車を除く) ランキングで日産のノートが初めてトップに なりました。 50年間の中で日産がトップを取ったことは 一度もなかったのです。 前年より減少したのですが初めてのトップを 取得したことになります。 (販売台数136,324台)
回転

ゴーン氏のおかげで顧客が3倍にもなった

資本関係解消されコスト20%低減を要求され 1999年日産にカルロス・ゴーン氏が来ました。 日産の再生施策に取り組みんだ中で目立ったのは 「系列解体」です。 日本の自動車メーカーは部品供給してもらう メーカーを「ケイレツ」という名で束ねて いました。 安定した品質の部品を仕入れるための 手法だったわけです。 これをゴーン氏は一気に解体。 資本関係のある会社も資本関係を解消。しかも
運転

新技術ではないのに流行ったもの

2018年上半期国内新車販売台数 日本自動車販売協会連合会が発表した 今年の上半期国内新車販売台数(軽自動車除く)の トップに躍り出たのが 1位 日産ノート 73,380台 でした。 実に48年ぶりの快挙。 月間でトップを取ったのは記憶に新しいですが 今度は半期トップになったのです。 ちなみに2位、3位は下記になります。 2位 トヨタアクア 66,144台 3位 トヨタプリウス 64,019台

衝突被害軽減ブレーキで完全に防げない

衝突被害軽減ブレーキは万能ではない 衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)の 事故統計が初公開されました。 衝突被害軽減ブレーキが完全ではない、ということが 数値を持って明らかにされました。 今回の数値公開の目的は、 「完璧な自動ブレーキではないので あくまでも補助的に考えるよう」 促すことです。 動画が公開されています。

どこまで普及するのか

電気自動車の話です。 先日も自動車関連業界にいる方と 雑談をしていました。 電気自動車は普及するのか? 普及するならいつぐらいになるのか? という内容です。 電気自動車の普及には ・1回の充電で可能な走行距離 という制約 […]

同じ会社でも精度が違う

自動車メーカー、ホンダの話です。 ホンダはモータースポーツの最高峰 F1にエンジンを供給しています。 しかし、これが最近低調。 そこで社内の他の部署と連携し始めた のです。 ホンダはエンジン開発では飛行機の ジェットエン […]
自動車

10年後20年後の自動車は?

電気自動車メーカーであるテスラ社のCEOイーロン・マスク氏。 10年後の自動車は ・半数以上が電気自動車になるだろう(米国) ・生産される自動車すべて自動運転になるだろう 20年後の自動車は ・自動車からハンドルが消える […]