fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

なぜ、会社は利益を出さなければならないのか(4)

ブログへの質問

「そんなに稼ぐ必要があるのですか?社長」

への返答集シリーズです。

「なぜ会社は利益を出さなくてはいけないか?」

を社員タイプ別に書いています。タイプは下記4つ

①「拒絶反応」をする場合 ②「よくわからない」と言う場合

③「どうしてですか?」と言う場合 ④「無視」する場合

今回は

③「どうしてですか?」と言う場合

です。

この言葉の根本に利益を上げる

ことに対して罪悪感を感じている

ことがあります。

汚いことをやらないと利益は上げら

れない、利益を多く上げている会社は

ダーティーだ、というイメージです。

これは、マスコミが取り上げる事件に

よって影響を受けているように思われ

ます。

確かに、その一面も否定できませんが、

世の中には、お客様に喜ばれ、貢献し、

利益を上げ、さらにその利益を社会に

還元している会社も存在しています

「あるべき姿」の理解が必要です。

たとえば、

「社会に貢献するってどんなことが

イメージできますか?」

「貢献している企業ってどの会社

ですか?」

「自分たちの会社が貢献できることは

何ですか?」

「貢献するために必要なものは?」

と社会貢献と自分たちを重ねることから

はじめます。

そして、会社の利益がどのように社内で

配分されているのか、そして利益として

会社の将来にどんな形で投資しているのか、

また、世の中に対しても、形を変えて

貢献していることを理解していただく

流れになります。



藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/