fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

質の高いものは最終的に必ず評価され広まる

 

実力】と【評価】の原則について。

 

実力】とは、本来その人が持っている力

評価】とは、まわりの人がその実力を認めること

 

よく耳に入ってきますが

「なかなか評価されていない」

「本当は実力があるのに」

「どうして評価されないのだ」

と感じている人は多い。

 

どうして、【実力】と【評価】は

釣り合わないのでしょうか。

 

これは、評価されない「焦り」から

生じているミスマッチなのです。

 

【実力】と【評価】の「タイムラグ」

知らないため「あきらめてしまう」ことも多い

のが現実。

 

本当は、【実力】と【評価】の原則を知って

いれば解決するのです。

 

【実力】がどのように、まわりに評価されていくのか。

それは、上図の株価の推移と似ています。

 

企業を評価する株価も最初から高値ということは

ありません

 

それが徐々に評価されていく。

しかし、一直線に右肩上がりになることもありえない

 

短期的に見たら、「上がったり」「下がったり」

するわけです。

 

しかし、長期的に見れば、「上がっていることに

 

最終的には、【実力】通りの【評価に】限りなく

近づくわけです。

それ以外はありません。

 

この原則を知っていれば、短期的な上下に

一喜一憂することがなくなるのです。

 

「うまくいった」、「うまくいかない」

「評価された」、「評価されない」

ということを短期的に判断しない

 

【実力】は必ず【評価】されることを

理解できれば、毎日の積み重ねにあたる

ことができるのです。

 

粘り強さ」も、この【実力】と【評価】の

関係から生まれてくることを知っておいてください。

 

【関連投稿】

仕事の実力と評価が一致するとき

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】

http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

 

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/