経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

言い訳が上手な人は優秀なのか?

「理由をいろいろつけて、その場をごまかすのです」

「言い訳がとってもうまくて、何も言えません」

という現場のリーダーの声を聞くことがあります。

【言い訳上手な人】が現場にはよくいます。

苦手なリーダーも多いみたいですね。

この手の【言い訳上手な人】に

対して、嫌悪感はありません。

むしろ、

【嫌悪感】<【好感】

ぐらいの感覚で判断しています。

なぜ、嫌悪感より好感なのか?

【言い訳上手な人】は、優秀な人が多いのです。

それだけ『頭の回転がはやい』とも言えますね。

たまたま、現時点では方向性がまちがって

いるだけです。

【頭の回転】→【言い訳】

に向かっているわけですから、それを

【頭の回転】→【仕事】

に方向転換するだけです。

そうすれば、仕事の結果も出せる人材にも

なるわけです。

とかく、【言い訳上手な部下】に対して

手を焼いているリーダーほど

「うちは、人材不足だ」

と言っていることも見受けられます。

これは、もったいない。

部下の能力発揮の機会損失をつくりだしています。

ひとりの部下に対して、ひとりのリーダーだけで

判断させることは、リスクになりかねません。

複数のリーダーで判断させる、第三者に判断させる

ことも必要になると考えています。