fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ハードルが上がっていることに気が付かせる

 

なかなか人は認めたがらないものです。

毎日の仕事が過去からの延長だと感じて

いる人が多すぎる。

だから、気が付かないことも出てくるのです。

 

人は、思い込み、経験によって

【見えない部分】

をつくりだしてしまう。

 

今までこうだったから、

絶対こうなのです

と言う人ほど、その傾向が強い。

 

今までは、そうだったが、

これからもそれが続く根拠は

ありますか?

 

と自問自答していきたいですね。

 

ベテランほど、罠に陥りやすく

大きな失敗をする時代になってきました。

 

そこで理解してもらいたい部分が

【マーケット縮小によってハードルが上がっていること】

なのです。

 

ハードルとは、自分たちの提供している

商品サービス、技術の合格ラインのこと。

これが、外的要因で勝手に上がってしまって

いるのです。

 

顧客と毎日のように話していても

思い込みによって、ハードルの上昇を

感じていない人もいるのです。

 

だからこそ、外からの視点でハードルの

位置を理解させることなのです。

そこからが、スタートの人もいるのです。

 

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。