経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

ミスが少ない人ほど残業もない

 

会社の残業について会議の議題で

話し合われることは多いです。

そもそも、残業をなくせないのか、

減らせないのか、という議論にはじまり

無駄な残業があるのではないか、という課題まで

出てきます。

残業時間を個人ごとに集計して会議で話し合っている

会社もありますが、そこには、ある傾向があります。

『仕事が正確ではやい人ほど残業が少ない』

ということ。

逆に

『仕事にミスが多く、遅い人ほど残業が多い』

ということも成立しています。

近い将来には、時間に応じて給与が支払われるのではなく

成果によって給与が支払われる職業が増えるのは確か。

そんな時に対応できない方が増えそうですね。