スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

店舗数を縮小しながらIT投資へ

巨大小売業の話題です。

世界最大のスーパーマーケットチェーンの

ウォルマートが店舗閉鎖をした、と

話題になっています。

過去に閉店したことがない、とのこと。

ちなみに店舗数は世界中に5239店舗。

今回はコンビニ程度の売り場面積である小型店舗を

閉鎖する。(269店舗閉鎖)

店舗数を5%程度削減するわけです。

その分をIT投資に振り向けると発表しています。

こうした「店舗縮小、IT投資」が大型小売の

流行りというか流れになっています。

アマゾンなどの通販サイトと競争していくことを

選択したということでしょう。

日本でもヨドバシカメラがガチンコで通販を

競いあっているのも同じ現象。

今年は、この業界から目が離せないですね。