fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

80歳でご勇退

定年制度が60歳から65歳へと移り変わる昨今ですが

クライアントさんの中でも70代で働いている方も

いらっしゃいます。

先日もあるクライアントさんの会社で

今年で80歳になるので勇退される、という

発表がされました。

現役な方は総じて見た目が若い、と感じていますが

これには例外はないようです。

責任感を持って、毎日の仕事というスケジュールを

こなすというのは、人として大切なことだと

感じます。

仕事に従事していなくても、同様なことを継続する

ことで衰えを防いでいくのでしょう。

今後、定年する年齢はのびていくのは避けられません。

70歳になるかもしれないですし

75歳になるかもしれません。

年金も支払われない、という予想も出ているので

何歳になっても食うだけの分は稼ぐことになろうかと

思います。

何歳になっても働けるように、という前提で

スキルを磨く

ことが求められるわけですね。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/