fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

経営の支障になると思っているのが半分

【fjコンサルタンツ365日Blog:3581投稿目】

仕事・研修教育

働き方改革によって

働き方改革とは

・時間外労働の上限規制(残業規制)

・同一労働同一賃金の義務化

などを盛り込んだ働き方改革関連法案の

ことです。

 

今年は働き方改革に関連する講演を行って

おり、内容については十分に吟味しました。

 

ただ経営者の方の中にはまだ理解が浅い

人も多いのではないかと感じています。

 

というのも、

働き方改革に対して経営者の意識が2つに

分かれているからです。

 

ひとつには、

・働き方改革によって仕事に支障が出る

と思っている群。

 

もうひとつが

・働き方改革によって抜本的に改善してしまおう

という意識の経営者群。

 

ある調査では半分の経営者が働き方改革によって

「支障が出る」

と考えているようです。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14941.html

 

特に

・労働時間の上限規制(残業規制)

・年次有給休暇の義務化

のインパクトが強いみたいです。

 

今年(2018年)7月に日本商工会議所の

会頭が厚生労働大臣に対して働き方改革の

懸念を表明したことも記憶に新しい出来事です。

 

休みを増やして、労働時間短くしてどうすればいいの?

という悲鳴が上がっていることです。

 

先日もそんな話がリーダー会議で出されました。

「来年ぐらいから休みが増えるけど仕事まわるかな?」

という問いかけから始まった内容です。

 

あるリーダーが

「できると思います」

「時間は長ければいいというものではありません。

単に時間が長いとダラダラやるだけです」

という意見が出され、その会社では時間短縮を

前向きに考えることになったのです。

 

そう、こうした「無理難題な状況」を突きつけ

られたときに会社は試されているのです。

 

成長・発展の路を選ぶのか、衰退へと導かれて

いくのか。

 

よって働き方改革に対しても

・支障が出る

と思ってフリーズする人と、支障が出るから

なんとかするか、という経営者に大きく分かれて

しまうでしょう。

 

経営者・リーダーの仕事は、社内で他の誰もが解決できない

ことを解決できる力を有していることです。

 

過去の実績でリーダーになる人もいますが、

結局のところ解決力が高くなければその役目に

とどまることもありません。

 

それぐらい今後数年は経営者リーダーが試される

時期に来ているのです。

 

2年ほど前から2018年が起点になる年だと感じて

いました。

 

その予測は間違っていなかったと思います。

あとは、時代の変化を敏感に読み取り舵をきる

ことだけだと感じます。

 

 

【出典】

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14941.html

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/