fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

営業がウザいのはなぜか

【fjconsultants365日Blog:3,701投稿目】〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜

営業する側の固定概念

営業が「ウザい」と思われることが

あります。

 

「ウザい」と受け止められるには

やはり理由があります。

というのも、ある営業パーソンは一度も

ウザいと言われたことがないのに、もう一方では

いつもウザいと言われる営業パーソンがいる

ということです。

 

営業の仕事は

・商品サービスを売る

ことです。

 

「売る」という意識が強すぎる人は「売る」

という行為だけをしたがります。

 

商品説明→クロージングという流れしか

行わないのです。

 

これが営業の固定概念です。

固定概念が強い人ほど買い手側の顧客の

側面を見ることをしません。

 

そのために一生懸命仕事をすればするほど

ウザいと言われ嫌われていくのです。

 

熱心に説明をすればするほど、顧客の方が

ひいていくということです。 

 

営業される側の受け取り方

営業する側ではなく受け取る側の心理から

考えてみたいと思います。

 

営業の仕事は同じようなことをしているのに

「ウザい」という営業パーソンもいれば、

そうでない営業パーソンもいます。

いったい何が違うのでしょうか。

 

ひとつめは

①時間を奪う

ことです。もしくは、時間を奪っていると

思われていることです。

 

顧客は自分の知りたいこと、有益なこと

聞いている時は何時間経っても時間を

奪われているとは感じません。

 

しかし、その逆、有益ではないこと、知って

いることを聞かされることは時間を奪われて

いると感じます。

たとえそれが1分でも奪われた感を感じるのです。

 

次に

②押し売りされる

ことです。

 

こちらが「欲しい」「買います」という

気持ちになっていないのに「今なら・・

キャンペーンなので」と契約を迫ったり

しているのです。

 

顧客は自分の自由意志で商品サービスを

購入したいと思っています。

 

購入時期選択の自由を確保したいと

望んでいるのです。

 

他人に購入の決断を促されたくない

というのが基本です。

 

そのため、強制的に契約を迫られると

「拒否」したくなるのが普通です。

 

その拒否の一部が「ウザい」ということに

つながるのです。

 

 

ウザくない営業とは

では、ウザくない営業とは何でしょうか。

どのような形が理想的なのでしょうか。

 

ひとつは、顧客の意志に沿った流れを

つくることができることです。

 

顧客の意志とは

・◯◯が知りたい

・◯◯がわからない

といった点からスタートすることがあります。

 

その中で、的確に丁寧に営業パーソンが

答えることで顧客は

・もっと相談したい

という段階へと昇華します。

そこまで到達すればあとは顧客の方から

契約の話しが出てくることもあったり

契約への導線を一緒に描くことが可能に

なるのです。

 

このように「ウザがられない」営業スタイル

実現可能です。

 

これを「断られない」営業スタイルとも

呼ばれています。

 

この営業スタイルで行動すれば、見込みの

顧客から嫌われることがなく、何度も

アプローチが可能です。

 

そのためにも営業パーソンのスキルとして

顧客の心理、気持ちがわかる察知能力

養うことをおすすめします。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/