fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

リーダーは複雑なことを解くのが好き

【fjconsultants365日Blog:3,899投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

複雑なことを解くのが好きかどうか

「あなたは複雑なことを解き明かすことが好きですか?」
と質問されたらどのように答えるでしょうか。

複雑なこと?
そう、ビジネスにおける複雑なことです。

たとえば、
ビジネスにおいて複雑なことといえば、「選択肢」が多いこと。
選択肢が多すぎて選ぶことができない状況のことです。

そんなとき、あなたは選択肢のひとつひとつを検証しながら
複雑な問題を解いていきますか。
解き続けられますか。

そこがリーダーになる分岐点のひとつと言えます。
複雑なことを解くことが好きな性質を有していることがリーダーへの
一歩だということです。

sky

なぜ複雑なことを解くのが好きなのか

複雑なことを解き明かすのが好きな人がいます。
なぜ好きなのでしょうか。

頭を使い続ける、考え続けることは人間にとって莫大なエネルギーを
消費することです。
考え続けると途中でやめたくなる、飽きてしまうことは普通の
ことなのです。

ずっと考え続けるとエネルギーロスが激しく、生命維持が保たれ
にくくなるからです。

そのため人間は考えることが苦手。
考え続けることが「めんどう」だと感じるようになっているのです。

そんな中に、複雑なことを解くことが好きな性質の人がいます。
なぜ好きなのでしょうか。

sky

ゲームと感じている

複雑なことを解き明かす人が好きな人は、その行為を
レジャーのように感じています。
ゲームのようにとらえています。
もっとゆるく表現すると「遊び」のような感覚を持っています。

すぐに解けないことが楽しいのです。
検索すると答えが出てくる事象はおもしろくない、とも感じています。

アドレナリン(快感)を感じた経験がある

時間をかけて考えて解けたときの快感を得た経験があることも
性質に拍車をかけています。

ある問題について時間をかければかけるほど、解けなかったときの
損失が大きくなります。
「こんなに時間をかけたのに」
といったマイナス感情が大きくなる。

そのスリルの中を耐えながら問題に向き合い、最後に
すべてがわかる、解けてしまったら、今まで感じていたマイナスが
一気にプラスに振れる。
マイナスが大きいほどプラスにも大きく振れるのです。

研究者が数年かけて問題に向かい合い、解けたときの
うれしさと同様です。
研究者がイキイキと楽しそうにしているのは理由があるのです。

Bridge

まとめ

こうして見ると、複雑なことを解き明かす楽しみは誰でも
得られる経験だと感じます。

ただ、最初の快感を感じるまでに時間がかかる可能性があります。
ある意味、リスクを背負うことにもなります。
そう考えると、複雑なことを解くことが好き、という性質は
後天的に可能だがハードルはある程度高いとなります。
また、複雑なことを解くことで人は成長していくのも事実です。
あえてスグには解けない複雑な問題に取り組むことは意味があると
いうことですね。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/